会員の皆様へ

術後感染症は、術者にとって最も忌むべき合併症である。そのため、手術前後の抗菌薬使用はつい過剰になりがちである。一方、近年、薬剤耐性(AMR:Antimicrobial Resistance)感染症が世界的に拡大し、社会的に大きな問題となってきている。WHOは、2015年にグローバルなAMR対策行動計画を採択し、日本でも昨年、厚生労働省からAMR対策アクションプランが発表された。アクションプランは、医療機関に対して、抗菌薬の適正使用の推進を強く求めている。具体的には、2020年までに医療用抗菌薬の使用量を、①全体で33%、②経口セファロスポリン、フルオロキノロン、マクロライド系抗菌薬は50%、③静注抗菌薬は20%減少させることを目標としている。眼科で使用される抗菌点眼薬の80%以上はフルオロキノロン系抗菌薬であり、白内障手術後の抗菌点眼薬の投与期間は、欧米の1週間に比べ、1ヶ月以上が80%を占めている。周術期の予防的抗菌薬使用は、根本的に見直す時期にきている。

JSCRS常任理事
宮田 和典
似顔絵

Event

第5回JSCRSサマーセミナーを終えて

名古屋アイクリニック 中村 友昭(第5回サマーセミナー世話人)

8月27日に第5回JSCRSサマーセミナーを無事終了することができました。ご参加いただいた皆様、ご尽力いただいたスタッフ、協賛企業の皆様に厚く御礼申し上げます。
このセミナーは屈折矯正手術をもっと身近に感じてもらえるよう、夏の終わりのこの時期に毎年開催され、今年で5回を数えることができました。今回は記念すべき第5回ということで、根岸一乃世話人代表をはじめ、我々世話人一同、かなり気合を入れてプログラムを練り会に臨みました。その甲斐あってか、暑い最中にもかかわらず123名もの方にお集まりいただき、また途中退席される方も少なく、最後まで熱心に聴いていただけたようです。
さて、今回のプラグラムは定番である「屈折矯正に関する都市伝説」「突撃:隣の手術室」「共催シンポジウム」に加え、新たに「屈折矯正手術ナイトメア」「日曜討論会」を企画いたしました。都市伝説では今話題の近視進行抑制からSMILE後のドライアイ、新しく光学径が広がったICLについての科学的な分析がなされました。「隣の手術室」では、特別企画として緊張下の朝鮮半島へ根岸先生が命懸け(?)の取材に出かけ、韓国の施設や手術を垣間見ることができ、また現地の先生から率直なご意見もお聞きすることができとても興味深い内容となりました。ナイトメアでは多焦点IOLからICL、レーシックと様々な合併症を提示していただきとても勉強になりました。日曜討論会では、二部構成で「屈折矯正手術の適応とリスク」「白内障手術時の目標屈折」を話題として取り上げ、それぞれ5名の論客たちが集結して、熱い議論を繰り広げました。
今回、それぞれのセッションにおいて内容を深く掘り下げることができましたので、終了後いただいたアンケートでは83%の方がプログラムに関し大変満足か満足、未記入のものを除けば不満という方はおられませんでした。今後もこの結果を元に、参加された方すべてが満足されるような内容にしていきたいと考えております。また、屈折矯正手術だけでなく、とくに屈折矯正的な意味合いの濃いプレミアム眼内レンズについてより多く取り上げて欲しいとのご意見も多くいただきましたので、次回はそのような幅広いプログラム内容にしていきたいと考えております。参加費、とくにコメディカルの参加費に関し高いというご意見がございましたので、来年は配慮したいと思います。また、開催地をリゾート地でというご意見もありましたが、利便性を考え来年も東京での開催を予定しております。ただし、とくに遠方の方から日曜の早い時間に終えて欲しいというご意見もあり、ウインターセミナー同様土曜日の夜から開始し、日曜午前までという2日間に渡る開催も検討しております。
以上ですが、来年も暑い夏に屈折矯正手術を中心としたテーマについて皆様と熱く語らいたいと考えておりますので、是非より多くの会員の先生方、屈折矯正手術に興味を抱く若い先生方、そしてコメディカルの方々にもお集まりいただきますようお願い申し上げます。


セミナーの様子


Event

http://www.jscrs.org/winter2017/

事前参加登録は締め切りました。たくさんのお申込みをありがとうございます。
定員に達したため、当日参加登録はキャンセル待ちでのご案内となりますので、予めご了承ください。

テーマ: ALL NEW Smart Cataract Surgery
当日参加登録費:
  会員 13,000円/非会員・企業 18,000円/コメディカル 8,000円
プログラムの概要:
  1日目 12月9日(土)17:30〜21:40
・ウェルカムセミナー
・白内障手術プレミアリーグ〜OPL in Japan〜
・イブニングセミナー
2日目 12月10日(日)8:00〜12:50
・モーニングセミナー
・手術の工夫「俺の白内障手術」
・基本とトレンド:白内障手術〜日本一受けたい授業〜
・フェアウェルセミナー

Event

http://www.jscrs.net/jscrs2018/

演題登録期間:2017年12月7日(木)〜2018年2月12日(月)17:00
参加登録期間:2017年12月7日(木)〜2018年4月13日(金)17:00

参加登録区分 事前登録 当日登録
会員 15,000 20,000
非会員 18,000 23,000
研修医3年・4年(後期研修医)
留学生
10,000 12,000
企業 18,000 23,000
コメディカル 5,000 7,000
コメディカルサンデーパス 3,000
学生(医学部・視能訓練士学校)
研修医1年・2年(初期研修医)
2,000 2,000
第33回JSCRS学術総会公式Facebook
https://www.facebook.com/jscrs.meeting  

Event

http://www.apacrs2018.org/

2018年7月19日から21日にタイ(チェンマイ)で開催されるAPACRSに参加する若手眼科医3名にAPACRSからTravel Grantが出ます。
以下の条件を満たす方で、Grant額はUS$1,330(内訳US$1000現金+登録費US$330)です。

1. 35歳以下のJSCRS会員(眼科医)で、過去に本Travel Grantを受け取ったことがない
2. APACRSで口演、ポスター発表、ビデオフェスティバルのいずれかを行う
3. JSCRSの推薦

応募を希望される方は12月26日(火)までに、申込フォームをJSCRS事務局(jscrs@jscrs.jp)までお送りください。
人数を超えた場合、JSCRS理事で協議の上決定させていただきますことご了承ください。どうぞよろしくお願いいたします。

※申込フォームは会員宛にメールで送信しておりますが、届いていない場合はJSCRS 事務局までご連絡ください。

編集後記

今年も1年を振り返る時期となりました。東京では11月初旬から主要駅周辺や商業施設はイルミネーションで彩られ、今年の流行語大賞の候補にもなっている「インスタ映え」という言葉にも象徴されるように、大勢の人が写真を撮っているのを見かけます。インスタやFacebook等のSNSにはあまり興味がなかったのですが、必要に迫られ始めてみると、自分の知りたい情報が何もしなくてもどんどん送られてきて(時々多すぎることもありますが)今ではとても便利なツールとして活用しています。JSCRSでも総会やセミナーの情報を公式Facebookで発信しておりますので、是非ご覧ください。12月9日(土)〜10日(日)は東京のザ・キャピトルホテル東急にてウィンターセミナーが開催されます。皆様とお会いできることを楽しみにしております。

Copyright © JSCRS. All Right Reserved.